おくりさん日記

竹の寺おくりさんからあなたに贈る 「心に響く禅のことば」op.2

2019-06-03

竹有上下節(竹(たけ)に上下(じょうげ)の節(ふし)有り(あり))

この言葉は松無古今色(松に古今の色無し)と続きます。竹の節がそうであるように、上下の差は歴然とある。しかし、一方で、松の葉がいつ芽生えたものも同じく緑色であるように、人はみな差別なく平等である。

一見、反対の事を並べているようなこの言葉は、私たちに、物事を見る目を持ちなさいと教えてくれています。差別と平等は、私たち皆が抱える課題です。人はみな平等であるべきですが、ひとくくりに人と言っても、お年寄りから赤ちゃんまでの年齢差があり、男女の差もあります。男であるか女であるか、身体と心が違う人もいます。全ての人に対して、平等なのだからと、全く同じ物差しで良し悪しを述べることや、同じ仕事を課すことは、平等でないばかりか、それはいじめであり、差別です。杓子定規ではなく、その人に合った接し方をしてこその平等ではないでしょうか。法律は大きなくくりでしか決めることができません。ですから、法に触れてないから良いのではなく、法には書き切れない所を、ひとりひとりの心の寛大さと優しさでカバーしていかねばなりません。そしてまた、権利の主張ばかりしないという自分自身への厳しさ、「自らを律する」ことができるように努力するべきでしょう。

お年寄りは、今までできていたことがひとつずつできなくなっていきます。でもこれまで長く人生を生き抜いてこられた経験値は、若輩には到底及ばぬことで、敬意を持った上で、困っておられることのお手助けをして差し上げるべきでしょう。一方お年寄りは、現役時代、如何に社会的地位の高い人であったとしても、いま現在助けてくださる人に敬意を持つべきでしょう。双方ともに、ポイントは敬意を持つことです。見下して、いっけん優しげな言葉をかけてやるというのでは、まったく相手は嬉しくなく、悲しい気持ちになるばかりです。

子どもは、ひとつひとつできるようになりますが、その過程は一人一人違うのです。その子に合った方法で教え導いていくのが本当の教育です。子どもは人生経験がありませんから、それを知っている大人に敬意を持つべきですし、人生の先輩たる年長者に敬意を表すための言葉遣いや態度を教えるのは大人の役目です。優しさと甘やかしは別の物ですし、しつけと虐待はまったく違うものです。

年齢によらず、個々に能力差があるのはどうしようもなく、生物としてはあたりまえで、しかたありません。大切なことは、今、自分にある能力は最大限に使って一生懸命に生きることです。誰しも、どんなに努力してもできないことはあります。それを馬鹿にすることが最もいけない差別です。己を正しく知れば、だれも他人の事を馬鹿にすることはできません。

己を知る。一生懸命に生きる。他人に敬意を持つ。この3つを実行するのは決して簡単なことではありません。みなさんも、私も、さあ、きょうから、修行いたしましょう。

お抹茶について(2019年3月更新)

2019-05-24

DSC00318 竹の寺地蔵院では、京都市登録文化財である方丈にて、時々、抹茶のご接待をしています(一服600円)。茶禅一味という言葉にも表されていますように、「お茶の心と禅の心は、同じですよ。」という気持ちで、お参りの皆さまが、方丈で座禅をなさる代わりに、お茶の味で、禅の境地に少し近づいていただけるように、心を込めて点てています。とはいえ、堅苦しく考えられることはありません。私が、お参りの皆様に初めてお目にかかり、にっこりとほほ笑みかわして、お茶をお出しして受け取られる。そして、もう今後一生お目にかかることがないかもしれません。ご互いに不思議なご縁に感謝して別れる。これだけで、一歩禅の心に近づきました。あとは、平庭式枯山水の十六羅漢のお庭を鑑賞されながら、禅僧の栄養源である一休寺納豆の入った竹型落雁と苦みの少ない種類のお抹茶をお楽しみください。どれも禅にあふれています!
さてその抹茶のご接待ですが、現在は不定休というよりは、可能日が限定的です。また、個人のお参りの方のみで、4名以上のグループ、団体の抹茶ご接待はできません。堅苦しく考えなくても良いとはいえ、グループになりますと、禅の体験という目的を外れて喫茶店にいるかのようなお喋りに花が咲いてしまう方が多くなりますので、多くても3名様までとさせていただいております。4名以上でもご家族の場合は考慮致します。(中学生以下の学習の場合は、できるだけ対応いたしますので、お電話でご相談ください。)

HPに来月の抹茶ご接待日時をアップいたしますので、それをご覧ください。現在、ご予約は受け付けておりません。ご予約された方の無断キャンセル率があまりにも高く、予約制度を廃止いたしました。ご了承くださいませ。

 

おくりさんからあなたに贈る 「心に響く禅のことば」op.1

2019-04-29

「薫風自南来 (くんぷうじなんらい)  」 ~ 薫風南より来る(くんぷうみなみよりきたる)

この句は唐の皇帝・文宗(827~840)の作られた「人皆苦炎熱 我愛夏日長」という起承の句に、 政治家にして書家でもある柳公権(778~865)が転結の句として「薫風自南来 殿閣生微涼」と続けた一連の詩の中の一句です。

「人は皆、夏は暑いと言って嫌がるが、私は昼の長い夏が好きだ。それに、時折爽やかな風が吹けば、此の宮殿も僅かでも涼しく感じられるではないか。」といった意味です。

その約200年の後、政治家にして詩人・書家の蘇東坡(1037~1101)が、「風が吹き抜けるような 広い宮中で暮らす皇帝には、狭くて風の通りも悪い家に住んでいる庶民の苦しみは分からないのだな。皇帝ならば、皆が薫風自南来と思える世の中になるようにするべきだ」という意味の批判的な詩をかいたことで、元の句が有名になったそうです。

しかしまたその後、この句を聞かれた大慧禅師(1089~1163)が大悟されたことから、禅語として 有名になりました。禅師とちがって悟れていない私が申すのは大変畏れ多いことながら、猛暑の中にあって、暑いだの辛いだのと不平不満で頭の中が埋め尽くされるのではなく、時折吹く僅かな風をありがたく感ずるところが、禅の教えに適っているのですね。

このように元は真夏の句なのですが、「薫風自南来」の一句は、日本では五月の茶席に掛ける句として人気です。寒い北風の吹く冬が終わり、五月ともなれば、新緑の香りを乗せて、暖かくて爽やかな風が心地良いですものね。

私自身は、この句は今年、特にぴったりだと感じました。いま、日本中の人々が、平成から令和にかわるときを節目と感じ、心機一転する良い機会だと感じているのではないでしょうか。御退位あそばす陛下への感謝の気持ち、御即位あそばす新天皇陛下へのお祝いの気持ち。なんだか世の中に新しい風が吹いてきそうな期待感。特別なお正月が来た感じでしょうか。「今日から早寝早起きするぞ」とか「今日から禁煙するぞ」などという決意表明も良いかもしれません。

皆様のところに薫風が吹いてきますように。

地蔵院方丈前「十六羅漢の庭」椿の競演

2019-03-09

コチョウワビスケ満開です

今年はソデカクシもたくさん咲きました

くうちゃんも和むお庭です

地蔵院の十六羅漢の庭は、椿が見頃です。

2019-02-28

胡蝶侘助、獅子頭、袖隠し、白侘助がみごろとなり、とてもきれいです。

 

コチョウワビスケ

ソデカクシ

シシガシラ

シロワビスケ

今朝の地蔵院は、うっすらと雪化粧

2019-01-27

みるみる融けて行きました。

平成31年2月御朱印と抹茶予定日

2019-01-25

ご朱印帖に直筆授与日 

2日(土)             9:30~11:30

3日(日)             9:30~11:30

10日(日)             9:30~11:30

11日(祝)             9:30~11:30

16日(土)             9:30~11:30

17日(日)             9:30~11:30

*できるだけお写経を納めてください。

*上記日時以外は、和尚直筆の書置きです

 !ご注意! 「抹茶」2月はありません

 ***予定が変わる事が多々ございますので、御来山の際は、直前にHPを御確認ください***

 

胡蝶侘助が咲き始めました!

2019-01-18

例年3月中旬が見頃の胡蝶侘助がまだ1月なのに咲き始めました。今年の見頃はかなり早くなりそうです。

幸野義画伯ご奉納 ガラシャ夫人画公開

2019-01-15

本日より、洋画家・幸野義画伯がご奉納くださったふたつのガラシャ夫人画を公開しています。ひとつめは「細川ガラシャ殉節之経」ふたつめは「伽羅奢夫人 GA RA SYA」というタイトルです。ご存知の通り、ガラシャ夫人は、戦国大名にして、利休七哲のひとり、現在に続く茶道三斎流の始祖であられる細川忠興公の奥方です。ガラシャというのは洗礼名です。本名は玉子さまとおっしゃいます。お父上様は明智光秀で、本能寺の変により、謀反人の娘であるということでしばらく幽閉されるという辛い目に遭われましたが、そののち許されて細川家を支えて行かれ、関ヶ原の戦いに当たって石田三成が大名夫人を大坂城に人質として集めようとしたとき、家康に付くつもりである夫・忠興の行動を邪魔せぬように、自らを斬って(その亡骸さえ敵方に渡さぬように)屋敷に火を放つよう家老に命じられたのでした。細川家は、関ヶ原後、熊本の大大名として栄え、そのお血筋は、現当主・細川護煕元首相に至るのです。幸野先生は、この二つの大作を地蔵院のために描いてくださいました。公開は2月23日(土)迄です。

 

 

 

 

新年おめでとうございます。

2019-01-04

穏やかな元日でございました。本年もよろしくお願い申し上げます。

昨夕おこりました九州の地震が心配です。今年は、災害のない年であってほしいと誰もが願っているお正月に起こりました地震です。

昨今は、地球規模で、天候の異変が起こるようになりましたので、これからは、災害に強い街づくりをし、個々人も災害に備えを怠らぬようにせねばなりますまい。

そんな中でも、「祈る」ことは大切です。災害への備えとして、水や食糧の備蓄・避難道の確認などとともに、毎日神仏に手を合わせて感謝すること、これこそが、忘れてはならない備えです。

わたしたちは、ともすれば今の幸せを当たり前のように思い感謝の心を忘れます。そのうえ、あろうことか、あれが足らない、これをしてくれない、などと不平不満を言い立てます。この慢心が、ひとたび事が起こった時にくじけてしまう弱い心となってしまいます。

今日の無事を当たり前と考えずに感謝すること、

明日はもう会えないかもしれないと思って今日会った人に誠実に向き合うこと、

明日の幸せのために今しておくべきことは何か考えること、

ぼんやりとしていてはいけません。

いま、この時を大切に、目の前の人を大切に、ご自身の命を大切に。

この一年を、感謝と共に、お幸せにお過ごしください。

« Older Entries
Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.