地蔵院方丈では、猪目窓茶室、洞床茶室公開中です。

2018-08-05

熱波といわれるほどの酷暑の毎日、皆様にはご無事でしょうか。

地蔵院方丈前庭園では、夏の花・サルスベリが見頃です。この暑さでお庭の苔もしんどそうですが、それでもこんなにがんばっています。

お参りの皆様に少しでも涼を感じていただけるように、通常非公開の茶室二部屋を公開することに致しました。風が抜けるので涼しく感じられます。

高度な左官技術を要する洞床のある茶室と、古来より日本に伝わる文様の一つ猪目文様をかたどった窓を持つ茶室です。

猪目文様は、寺院建築に主に用いられ、屋根の破風などによく使われます。また、鈴にもよく用いられてます。ハート型と思ってらっしゃる方も多いと思いますが、猪目文様です。

古いお寺や神社に行かれたときには、本堂の屋根や、お参りの際鳴らす鈴に猪目文様があるか探してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを書く





コメント内容


post date*

日本語が含まれない投稿はスパム対策のため、投稿はできません。ご注意ください。

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.