お知らせ

猪目窓のある茶室公開と、方丈写真撮影の可能日を15日まで、延長しています

2019-12-09

今年の紅葉さんがたいへん粘っておられますので、敷き紅葉は今週末となりそうです。総門前はまだ青い葉もあります。

猪目窓から見える紅葉もまだこれから綺麗になりますので、公開を15日まで延長します。

なお、地蔵院は、通常、方丈内の写真撮影可能時間を限定しておりますが、紅葉の見ごろが遅れていますので、15日まで終日可能日を延長しております。

竹の寺地蔵院12月8日紅葉

2019-12-08

ことしは、ながく紅葉が散らずに保たれています。こういう年は、ある朝突然にドサッと散ります。でも、それはまだ少なくとも2日以上先のように思われます。

ただ、自然のなせる業ですので、正確には分かりません。

ドサッと散った時には当HP、facebook、ツイッターでお知らせしますので、どうか、電話での紅葉問い合わせはご遠慮ください。

コケ寺リウム、モシュ印展示は、本日までです。

御朱印直筆・お抹茶予定 12月~1月

2019-12-03

御朱印(300円)直筆授与

令和元年12月31日

令和2年1月1日、2日、3日

午後2時半~4時

☆奉書紙書き置きご朱印

納経帖(ご朱印含む)3種は、

いつでもございます。

 

お抹茶

点て出し600円(菓子付き)

令和元年12月31日

令和2年1月1日、2日、3日

午後1時~2時半

地蔵院駐車場について

2019-12-02

地蔵院には、駐車場がございますが、台数が少なく、寺院前の道は狭くて、周囲が民家の密集地帯で小さな子供さんも多くおられます。

拝観にお越しの皆様には、極力公共交通機関をお使いくださるか、周辺にあります民営パーキングをご利用くださいますようにお願い申し上げます。

お年寄りやお身体の不自由な方は、おくるまでどうぞ。

地蔵院拝観の方が、地蔵院でお参りされている時間のみ、駐車可能とさせていただいており、拝観の方であっても、その前後によその観光に行くことは固くお断りしています。拝観受付で、入庫出庫時間をノートに書いていただいております。よそに行かれた場合、ルール違反として、1万円を御志納いただきます。

これまで拝観の方は無料できましたが、公共交通機関のかたは、交通費をお払いになっているのに対して、マイカーの人が得をしている現状に悩んでおります。

また、周辺寺院さまが、駐車場なし、または、駐車料金ありであられるので、当院に車両を置いてよそのお寺へ行かれる方がいます。

ほとんどのかたは、きちんとルールを守ってくださっていますし、よそにいかれても、こちらの注意に対してきちんとお詫びされる方がほとんどで、これまで実際に1万円をいただいたことはございません。ですが、こちらの制止を聞かずに逃げ去る人もいます。ものすごく悲しく思います。

ルールを守る人、公共交通機関を使ってお越しくださる人、民営パーキングで駐車料金を払われてる人たちが損をするのは、よろしくないと考えます。

当面は無料ですが、今後、有料化に向けて模索して行こうと思います。

「竹の寺倶楽部」申込受付中です。 規約・別記・申込書PDFです。

2019-11-29

下記リンクよりご覧ください。プリントアウトなさってお持ちください。

規約はこちら
信徒会「竹の寺倶楽部」規約[PDFデータ]

別記(特典など)はこちら
信徒会「竹の寺倶楽部」別記[PDFデータ]

申込書はこちら
信徒会「竹の寺倶楽部」申込書[PDFデータ]

「竹の寺倶楽部」に入られますと…

2019-11-17

「年会費」のことを、地蔵院では「布施」と言います。布施は修行のひとつです。

年に1度5000円のお布施をしていただくことで、地蔵院からは以下のようなおもてなしをいたします。*ご夫婦で入られるとお布施はお二人で8000円です。

月参りが無料になります(1年に12回)

重要文化財・千手観音様(非公開)におまいりできます(要施餓鬼料)

お子様やお孫様がいらっしゃる場合は、寺子屋に入会できます(無料)

永代供養のお墓(人間用と犬専用があります)に申し込めます。(要永代供養料)

茶会・教養講座へのご優待があります。

一味違った「寺報」誌をお届けします。

竹柄奉書紙に書いた御朱印を授与します。

細川護煕元首相筆・ご奉納 書「海南行」 5日間限定公開いたします

2019-11-13

11月18日~22日 方丈仏間にて

細川護煕元首相ご奉納襖絵「瀟湘八景の図」公開時期11/19まで延長します。

2019-11-10

ご奉納襖絵の内、「瀑布図」公開は本日までです。

竹の寺倶楽部について(速報)

2019-10-16

撮影に関する【重要なお知らせ】

2019-09-11

地蔵院では、通常、方丈で撮影していただける時間を、9:00~10:00と15:30~16:00限定して許可しております。

静かな雰囲気をまもることと、撮影希望のかたにも配慮した措置でございます。

ですが、このたび、JR東海様企画のキャンペーンに伴い、この時間制限を一時休止し、期間内に限り、以下のルールのもとで、方丈内と方丈前庭園を拝観時間内撮影可と致します。静寂を求められるお参りの方には誠に申し訳ございませんが、なにとぞ、ご了承くださいませ。

方丈および方丈前庭園撮影可能期間 2019年9月1日~2019年12月8日

期間内無休 9:00~16:30 *ただし、16:15最終入山受付終了 16:20方丈閉場

拝観および撮影に当たってのご注意

・仏様と細川護熙元首相の襖絵は撮影禁止です。

・撮影しない参拝者を優先とします。

・三脚・一脚、また、それに類するものすべての使用を禁じます。

・同じ場所で3分以上留まっての撮影はしないでください。

・拝観ルート以外への立ち入りも撮影も禁止です。

・絶対に結界を越えないでください。カメラのレンズのみ突き出すのもダメです。

・枝を折る・葉っぱをむしるなどの破壊行為、登録名勝庭園・その他立ち入り禁止区域に入るなどの不法侵入行為、まわりの人を不快な気分にさせる迷惑行為があった場合は、理由の如何にかかわらず警察に通報します。なお、境内はSECOMのセンサーおよび防犯カメラも設置されております。

      

どうか、ご協力賜りますよう、よろしくお願い致します。

 

 

« Older Entries
Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.