11月, 2016年

地蔵院紅葉情報2016 ④

2016-11-28

地蔵院の紅葉は、いよいよクライマックスになって参りました。昨日の強い雨で全部散ってしまうかと思われましたが、夜が明けると境内には、赤や黄色そしてまだこれから色付く緑の葉っぱが雨に濡れて瑞々しく、足下には敷き紅葉が加わって、とても幻想的な風景が広がっていました。晩秋の愁いを帯びた美しさに囲まれて静かな時を過ごしていると、自分の悲しみや苦しみも、お地蔵様が、「分かっているよ」「見守っているよ」と優しく包んでくださっていると感じます。無理に背中を叩いて励ますのではなく寄り添ってくださっているお地蔵様の静かなまなざしを感じます。

dsc00580

dsc00573

dsc00556

地蔵院住職厳選 あなたに贈る禅語おみくじ

2016-11-23

地蔵院第26世正浩住職が、お参りの皆様の心に染みる禅語を厳選し、分かりやすい言葉で解説したおみくじです。

今のあなたにピッタリな言葉が、あなたの心に染みて、目の前の霧が晴れ、これからの人生を豊かにすることでしょう。

ご参拝の節に、選んでみてください。

dsc00550

dsc00549

地蔵院紅葉情報2016 ③

2016-11-23

北風が強くなり、一段目(木の一番上のあたり)のもみじは散っています。今は2段目が黄葉し、低い位置の紅葉はこれからです。しかし、急速に寒くなって、風もあるため、紅葉の見頃は、この週末で終わりそうな感じです。

 

dsc00520

屋根の上から撮影した樹齢300年の紅葉。危険ですので、みなさまには、上っていただけません。

dsc00539

dsc00541

 

 

 

 

FAX送信に際してお願いです。

2016-11-23

地蔵院では、電話を転送にしていることが多く、faxを受信できないことがしばしばあります。お手数ですが、FAX送信前にお電話でその旨、お電話くださるか、資料をメールで送信なさってくださいますよう、お願い申し上げます。

団体参拝または抹茶予約のかたにお願いです。

2016-11-20

ご予定が変更になられたとき、到着時間が遅れられるときには、できるだけ速やかにご連絡ください。

お寺とは

2016-11-20

地蔵院は寺です。寺とは仏様を拝むところです。寺には、仏様をお守りするために住職がおります。住職の一番大事な仕事は、仏様にお香を焚き、お蝋燭を灯し(お灯明)、お花、其他のお供えをして、お経をあげて、礼拝(らいはい)することです。そして、仏様のおわします環境を良くするために、境内地の整備をし、掃除をします。その繰り返しが、何十年何百年となると、それが歴史的景観となったりします。仏像や境内が、文化財的価値があるといわれるのは、ただひたすらに仏様のために来る日も来る日も、代々の住職が仏様をお守りしてきた結果なのです。

この文化財的価値という表現は、じつは、住職にとって微妙な気持ちにさせるのです。住職にとって仏像は、モノではなく仏様。拝む対象です。開山・開基の肖像画も、木像も、本堂や方丈も、みな仏様を拝み、お守りし、偉大な先人を尊び、また、自らが日々修行するための大切な宝です。

紅葉の時期になると、たくさんの方が参拝されます。どうぞ、おまいりください。しかし、この紅葉は、ご本尊地蔵菩薩様はじめ、宗鏡禅師や細川頼之公の菩提を弔うために、境内地を整える結果としての景観です。皆様には、ぜひ、そのことを踏まえてご参拝ください。

地蔵院は寺です。遊園地でもショッピングモールでもありません。

小さなお子さまをお連れの方は、この機会に、ぜひ、手を合わせて拝むことを教えて上げて下さい。感謝の心、謙虚な心を教えて上げて下さい。騒いでも良いところといけないところがあることを、走ってはいけないところがあることを教えてあげてください。

社会で成功された方も、辛い気持ちの方も、地蔵院に来られたら、その心に覆いかぶさる重い荷物をいったん横に置いて、お地蔵様に手を合わせ、葉擦れの音、鳥たちの囀りのみを聴いて、静かなときをお過ごしください。仏様の前では、格好をつけることも、威張ることもできません。愛想笑いもお追従もいりません。こびりついているそれらを自分の心から追い出してみてください。仏様の無量(無限)の大悲を皆様に感じていただきたい。自分一人の力で生きているのではないことを感じ取っていただきたい。

地蔵院は、そういうことのお手助けができる寺でありたいと思います。

 

地蔵院2016年紅葉情報②

2016-11-14

お庭(京都市登録名勝・十六羅漢の庭)から見た紅葉は見頃です。全体としては、3割程度ですが、木によって紅葉の速度が違うため、一度に一斉に紅くなるわけではありません。そのときそのときの表情があります。

お参りの際に出会った紅葉をお楽しみください。

dsc00449

dsc00451

中門から見上げると、紅葉と白侘助の共演。

 

dsc00455

dsc00468

本堂から参道を見たところ。

 

dsc00461

正面の道から総門を見たところ。

 

dsc00463

総門までの参道の途中で、上を見上げるとこんな感じ。

dsc00465

地蔵院2016年紅葉情報①

2016-11-07

暑いとおもっていましたら、11月に入り急に寒くなりました。皆様には、如何お過ごしでしょうか。

地蔵院の紅葉は「色づき始め」といったところです。昨年は、11月が暖か過ぎて、紅葉は12月10日ごろでしたが、今年は、11月下旬が見頃かなと思います。おくりさん予想です。

dsc00434

dsc00417

dsc00420

本堂の御簾が新調されました。菊菱文様です。

dsc00428  dsc00432

お庭のセンリョウの赤が鮮やかです。かわいいピンクのサザンも咲いています。

dsc00405  dsc00407

細川元首相ご奉納の襖絵も公開中です。

dsc00412   dsc00413

ご近所の方が丹精込めて育てられた菊です。

dsc00424

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.