10月, 2017年

11月6日よりお抹茶の「条件付き再開」のお知らせ

2017-10-31

可能な日時が少ないので、お電話にてご確認の上、ご予約ください。

☆お抹茶のご予約の際は、以下の点に、ご注意ください。

①地蔵院は寺院であり、禅の心を体感するお手助けとしてお抹茶接待です。作法は問いませんが、居ずまいを正してきちんとした姿勢で接してください。

②基本的に、ご参拝の混みあっている日はできません。

③お一人、または、2~3名までの個人の方のみで、4名以上のグループはお受けしません。グループの場合、どうしてもおしゃべりに花が咲き、本来の意味から外れてしまうためです。喫茶店とは違うとお心得下さい。

④例外として、学校教育の一環としての場合のみ団体でお受けします。

⑤平日9:00~11:00(その他であっても可能な場合あります)、お一人の場合は、ご予約なしでも、可能な限りは対応させていただきます。方丈にて鐘を打ってください。

 

なお、お抹茶の条件付き再開は、11月6日以降です。11月5日までは諸行事の為、お抹茶ご接待はできません。

 

 

11月1日より方丈公開です

2017-10-31

日本列島に被害をもたらした台風でした。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。地蔵院は、91歳の大和尚ですら、初めてというほど、樹木と竹が倒れて大変でしたが、たくさんの応援を得て、すばやく復旧作業が進んでおります。倒れた樹木が本堂や山門に当たることはなく、また、改修中の方丈と京都市登録の十六羅漢のお庭には全く被害がなかったことに、お地蔵様のご加護を感じました。おかげさまで、予定通りに11月1日に公開を再開できる運びとなりました。

 

方丈内の文化財エリアの改修工事が完了しました。まだ、茶室工事が残っていますが、今までのご参拝のルートは確保できました。

久しぶりに方丈から十六羅漢のお庭を観ていただけます。

地蔵院の拝観受付は、明日10月24日午後1時に再開いたします。

2017-10-23

このたびの台風でお亡くなりになりました方々、ご遺族の方々に、心よりお悔やみ申し上げます。また、避難されている方々、怪我をされました方に、一刻も早く元の生活にお戻りになれますようにお祈りし、お見舞い申し上げます。

本日は、せっかくお参りにお越しの方々にお入りいただけなくて申し訳ございませんでした。台風による境内地の被害は大きかったのですが、たくさんの方に助けていただき、明日午後1時より再開できる運びとなりました。すべての倒木・倒竹はまだ撤去しきれませんが、明日午前中にはご参拝の皆様の安全確保はできるめどが立ちました。明日朝ご参拝予定されていらっしゃった皆様には、午後1時以降にご計画変更いただきますよう、どうか、よろしくお願い致します。

地蔵院(竹の寺)の本日10月23日の拝観は中止いたします。

2017-10-23

本日台風被害により、境内一円危険ですので、拝観を停止いたします。なお、明日以降につきましては、追って、お知らせいたします。

 

これから秋深まる地蔵院

2017-10-02

10月になりました。今年は暦の関係で、十五夜お月様の日は、10月4日だそうですね。今日は雨ですが4日の夜は晴れてほしいものです。

さて、地蔵院の方丈平成大修理のいよいよ終盤にはいり、毎日、宮大工さんや左官屋さんが一生懸命お仕事してくださっています。11月1日には、今までのご参拝ルートは公開できる予定です。紅葉が色づく頃には、十六羅漢のお庭もゆっくりとご覧いただけます。今年の紅葉はいつ頃がピークかは、まだわかりませんが、例年よりも夏の終わりが早かったことから、11月20日~25日ごろではないかと、予想しています(あまり自信ありませんが…)。地蔵院は通常11月末~12月初旬が見頃です。11月の最低気温の下がり方がポイントですので、紅葉情報は、当ホームページでご確認ください。なお、facebookでは、よりリアルタイムで情報発信できます。

 

北側の茶室の工事は年内いっぱいかかり、その後、代わりに公開しておりました庫裏の原状復帰作業、仮設物撤去が1月にあります。すべての工程が終了しますのは、1月末の予定です。

なお、細川護煕元首相の襖絵は、本来期間限定公開なのですが、この修理作業が完了するまでは毎日公開しています。

 

一昨年の11月25日

看板犬 くうちゃん(雑種2歳半♂) 庫裏の安全を守る番犬です。

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.