11月, 2019年

竹の寺地蔵院2019年11月30日紅葉状況

2019-11-30

皆様お待ちかねの総門前の紅葉状況です。まだこれからです。

本日は、お友達のタフィーちゃんと知らせ致します。

「竹の寺倶楽部」申込受付中です。 規約・別記・申込書PDFです。

2019-11-29

下記リンクよりご覧ください。プリントアウトなさってお持ちください。

規約はこちら
信徒会「竹の寺倶楽部」規約[PDFデータ]

別記(特典など)はこちら
信徒会「竹の寺倶楽部」別記[PDFデータ]

申込書はこちら
信徒会「竹の寺倶楽部」申込書[PDFデータ]

竹の寺地蔵院紅葉状況です。2019年11月29日現在

2019-11-29

皆様お待ちかねの敷き紅葉は、まだ先で、来週末ごろと推定されます。

参道より内側は、今週末くらいまでが見頃です。

本堂の周り

 

十六羅漢の庭

 

 

竹の寺倶楽部と寺子屋につきましての続報

2019-11-17

もうしばらくいたしましたら、当HP上に、竹の寺倶楽部規約申込書をアップしますので、それをご覧いただけましたら幸いです。
すこし、かいつまんで申しますと、いわゆる「年パス」のようになっており、毎月おまいりして地蔵院に親しんでくださいというものです。お寺用語でいいますと、竹の寺倶楽部とは信徒会です。地蔵院が心のふるさとみたいに「ホッとできる場所」であると同時に「楽しく勉強になる場所」でもあったらよいな、という思いから、子どもさん用の寺子屋や永代供養のお墓のご利用、その他の企画を考えております。
年会費は、地蔵院では「布施」とよんでおります。布施とは布施行という一つの修行です。布施は、1年に1度(以上何回でも)5000円(以上いくらでも)となっております。
寺子屋の詳細発表が年末になりますが、だいたい毎月第1または第2日曜日朝9時~10時半で、お経・坐禅・茶道を無理なく少しずつ学んでゆくことは継続ですが、その月ごとのテーマがあります。基本はお子様のみですが、お母様向けの着付け教室兼相談会(着物と帯、小物のとりあわせについて)などもします。また、宿題の質問や、勉強の仕方の指導もします。1年で終了ですが、空きがあれば継続されてもかまいません。これらは、すべて無料です。
今のとことの予定日です。変更の可能性はございます。
1月15日、2月23日、3月15日、4月5日、5月10日、6月21日、7月5日、8月23日、9月20日、10月18日、11月23日、12月6日

「竹の寺倶楽部」に入られますと…

2019-11-17

「年会費」のことを、地蔵院では「布施」と言います。布施は修行のひとつです。

年に1度5000円のお布施をしていただくことで、地蔵院からは以下のようなおもてなしをいたします。*ご夫婦で入られるとお布施はお二人で8000円です。

月参りが無料になります(1年に12回)

重要文化財・千手観音様(非公開)におまいりできます(要施餓鬼料)

お子様やお孫様がいらっしゃる場合は、寺子屋に入会できます(無料)

永代供養のお墓(人間用と犬専用があります)に申し込めます。(要永代供養料)

茶会・教養講座へのご優待があります。

一味違った「寺報」誌をお届けします。

竹柄奉書紙に書いた御朱印を授与します。

十六羅漢のお庭のサザンカ綺麗です

2019-11-17

薄ピンクのさざんか満開です。

その真後ろにある濃ピンクのサザンカはこれからです。

その後ろにある背の高い白サザンカもこれからです。とても高いところに咲いています。

センリョウの実が赤くなってきました。となりにあるのは槇。

モミジは3分ほど色づいています。上から見たらかなり赤いのですが、下から見上げると緑なのです。

JR東海様「そうだ 京都、行こう」HPに地蔵院をご紹介くださっています

2019-11-13

猫ぬいぐるみのミモロちゃんが地蔵院を訪問するというものです。寺犬くうちゃんも登場します。ぜひご覧ください。

https://souda-kyoto.jp/blog/00803.html

細川護煕元首相筆・ご奉納 書「海南行」 5日間限定公開いたします

2019-11-13

11月18日~22日 方丈仏間にて

細川護煕元首相ご奉納襖絵「瀟湘八景の図」公開時期11/19まで延長します。

2019-11-10

ご奉納襖絵の内、「瀑布図」公開は本日までです。

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.