11月, 2020年

竹の寺地蔵院2020/11/28日朝の紅葉情報

2020-11-28

こんにちは。みなさまお元気でしょうか。暖かすぎる京都です。

おうちでお過ごしになってるみなさまに画像を見て少しでもホッとして頂きたく存じます。

京都のこれまでの気候は、11月になると朝晩の冷え込みが強くなり、風があまり吹かないので、紅葉した葉が乾燥しにくく、美しい色合いが保たれるというものでした。

近年、冷え込みがなく、色の悪い年が多くなりました。そんな中で、市内でも湿度が高く紅葉が遅めの地蔵院は綺麗な色が保たれておりましたが、今年は異常に暖かく、また、風が強く吹き、地蔵院でも紅葉していた葉は一気に乾燥してしまいました。

ただ、地蔵院のイロハカエデは、まだまだ青葉が多く、まだまだこれから紅葉いたします。以下の写真で、ご確認ください。なお、見頃は遅くても12月10日ごろまでです。

12月5日を過ぎますと、例年、木枯らしが吹き、散ります。木枯らしがいつ吹くかは、予想できません。

なお、本日も風が強く、乾燥が進んでおります。世界中の気象が年々変わっていきますので、予測するのが難しい昨今です。

また、順次、紅葉の情報を載せていきます。

竹の寺地蔵院2020/11/23午後の紅葉情報

2020-11-24

夜中に雨がふったあと、強い風が吹いたため、これまでに紅葉した分は落ち葉となりました。

画像を見て頂くとお分かりになると思いますが、まだ青い葉が多いので、暫くすると、これらが紅葉して美しくなります。今の時点では、落葉と青葉の組み合わせです。

天候によって、なにごとも順調に進まないのが、自然の成り行きです。春の桜も、もうすこし、もうすこし、と思っていたら、いきなり散ってしまいます。

地蔵院の紅葉ピークが遅いので、これから、見頃が訪れます。

竹の寺地蔵院紅葉情報2020/11/21

2020-11-21

地蔵院の紅葉は、

総門前は、色づき始め

本堂周辺は、3部

十六羅漢の庭は、見頃

です。これから、気温が低くなる予報ですので、今週は紅葉が進むと思われます。

Twitter 竹の寺地蔵院@jizoin1367  のほうが、情報は早いです。

 

 

11月~12月紅葉時季の地蔵院拝観について

2020-11-09

地蔵院の境内には、イロハカエデがたくさんあり、紅葉の時季には、大勢の拝観の方がお見えになります。ただ、ここは、公園ではなく仏教寺院です。入山されますのは、仏様にお参りされる方が最優先です。

綺麗な紅葉の写真を撮ろうとお入りになってもかまいませんが、お参りの方を「撮影の邪魔だからどいて」ということはおやめください。

写真は昨年の紅葉です。例年の見ごろの大体の目安は以下の通りです。

境内の紅葉は、11月9日時点では、「色づき始め」程度です。

方丈から庭園側にみえます紅葉の見ごろは、11月中旬~下旬(15日~25日ごろ)

本堂周辺の紅葉の見ごろは、11月下旬~12月上旬(20日~12月5日ごろ)

総門前の紅葉の見ごろは、11月下旬~12月上旬(25日~12月5ごろ)

方丈から猪目窓にみえます紅葉の見ごろは、12月上旬(12月1日~10日ごろ)

あくまで、めやすです。できるだけ、当HPで、現状画像をアップしていきますが、一番更新できますのはTwitterです。「竹の寺地蔵院」で検索してみてください。

京都市観光協会の紅葉情報にも、地蔵院の情報のご紹介あります。

なお、寺務に差し支えが出ますので、お電話での紅葉情報お問い合わせはお控えくださいますよう、お願い致します。なお、電話に出られないこともしばしばございますので、お許し下さい。

見頃は、上記のように場所によって幅がございますので、お電話でのお問い合わせの場合、どこかが見頃の場合は、見頃とお答えしますので、ご了承ください。

メールでお問い合わせの方が助かります。夜間になりますが、返信させて頂きます。

 

 

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.