7月, 2021年

8月の寺ピアノ ご来聴歓迎

2021-07-29

毎週土曜日16:00~17:00は、ご予約なしで、演奏して頂けます。

朝の時間は、以下のように奉納演奏のお申し込みがありましたので、お盆&地蔵盆スペシャルと銘打ちまして、皆様にご案内いたします。爽やかな朝のひと時、ピアノの音色に浸ってみてください。

音楽奉納「寺ピアノ」について 7/1更新

2021-07-13

音楽奉納「寺ピアノ」

方丈仏間にお祀りしている毘沙門天様に、ピアノ演奏を奉納なさいませんか。

今から約650年前、室町管領細川頼之公創建の地蔵院。その境内建造物のひとつ「方丈」は、徳川五代将軍綱吉公の時代に再建され、京都市登録文化財に指定されています。建物の前には、頼之公遺愛の十六羅漢の庭(京都市登録名勝)が広がり、野鳥のオアシスとなっています。爽やかな朝に貸切で、または、暮れゆく幽玄の世界に包まれて、仏様のために演奏をしますと、ピアノの音に誘われて歌う小鳥たち、虫の音、竹の鳴る音や葉擦れの音とピアノの音色が融合し、お心が浄められる事でしょう。

奉納ピアノ演奏お申込み要項

(A)音楽専門家の部

7:40~8:00 リハーサル   

8:00      一般来聴者入山・諸注意・準備

8:30~9:00 奉納演奏

*早朝拝観料無料。

*原則ピアノソロ。連弾・楽器とのアンサンブル・他の場合はご相談ください。

*演奏時間15分以上30分以内

*奉納演奏は、一般の方(30名以内…ウィルス等蔓延防止必要な期間は15名以内)が拝聴されます。

*寺からご奉納の証に、地蔵院刻印入り高級京念珠と御朱印を授与します。

*茶室にて粗茶を一服さしあげます。

*前日17:00~18:00リハーサル可。調律ご希望の際は、実費でお願いします。

(B)アマチュアの部

   8:20      おまいり・諸注意・準備

   8:35~8:50 奉納演奏

*年齢やピアノ歴の長さやレベルは問いません。上手かどうかではなく、真面目に一生懸命、仏様に演奏してください。

*クラシック音楽のピアノソロで、演奏時間15分以内に限ります。

*早朝拝観・奉納演奏冥加料5000円。2名まで同伴可。3名以上はおひとりにつき1000円ずつ加算。ただし、合計10名以内。録音録画SNS発表可。

*演奏者に寺からご奉納の証に御朱印を授与します。

*前日練習希望の場合は、17:00~17:30 時間外拝観料おひとり1000円です。

*奉納演奏に際し、(ピアノ講師歴三十余年のおくりさんによる演奏アドバイス)を希望の場合は、別途ご相談ください。

☆☆ お問い合わせ・(A)(B)お申し込みは、メールのみ受付。takenotera-jizoin@tiara.ocn.ne.jp

以下を明記の上、締切日までにお申し込みください。

①希望日(指定曜日より選択して、第1~第3希望までお書きください)*指定曜日は、金・土・日・月曜日です。

②曲目・作曲者・演奏形態(ソロ・アンサンブルなど)・演奏時間 ③お名前 

④男・女 

⑤生年月日 

⑥ご職業または学校名

⑦ピアノ歴について簡単に 

⑧演奏者区分(A)・(B) 

⑨ご住所 ⑩携帯お電話番号

⑪アドバイス希望 有・無 ☆演奏奉納の方に限り、私立中学・高等学校課外音楽ピアノ講師である地蔵院坊守が演奏アドバイスします(拝観時間外となりますので、時間外拝観料1000円/30分)

new! 

(C)当日先着受付の部  令和3年6月26日(土)よりスタート

*毎週土曜日16:00~17:00 先着4名までおひとり10分間演奏奉納して頂きます。

*お申し込みは、当日のみで、当院拝観受付に直接お越しください。受付時間は15:00~16:00まで。16:00までに御入山ください。16:10以降は入れません。

*当日のみ9:00より電話にて予約も受けます。

*音楽奉納(C)拝観冥加料1000円 音楽奉納ご朱印授与します。音楽奉納を聴きたい場合は通常の拝観料500円のみです。

*12月20日~1月10日までは休止。

*その他、寺行事で休止の場合有り。

 

 備考

*ピアノは、KAWAI アップライトK-700 です。

*演奏曲目は原則的にクラシック音楽が望ましい。

*奉納希望日の3週間前までにお申し込みください。

*人数制限をしており、密閉空間ではありませんので、感染リスクはありません。

*(A)の方は一定レベル(音楽高校・音楽大学の学生または同程度)以上の演奏をお願いします。

*(A)(B)共に、曲目など選考の上、御希望に添えない場合がございます。

*(C)は、当日先着順で、プロ・アマの区別なし。できるだけクラシック音楽が望ましいですが、他のジャンルでもかまいません。

*当日の服装は自由ですが、品位を損なわぬようにお願いします。相応しくない服装の場合はお断りする場合がございます。文化財建造物内、なおかつ、仏間ですので、靴は履けません。新品の柔らかい室内上履きのみ使用可。

 

 

「竹の寺倶楽部」特別編 地蔵院おくりさんプレゼンツ オンライン会員は、入会随時です。

2021-07-13

「竹の寺倶楽部」とは、地蔵院の信徒会の名称です。地蔵院には檀家さんがいらっしゃいません。家制度が基本の檀家と違い、昔から、地蔵院では個人の信徒さんがいらっしゃいます。さらに2020年1月に「竹の寺倶楽部」として信徒会を発足しました。このたび、コロナウィルス感染予防の観点からなるべく外出を控えておられる方や、ご高齢や様々なご事情で、なかなか参拝できない方のために、オンライン会員という形を取り入れることにしました。

地蔵院という寺、あるいは、地蔵院のご本尊様を信仰するということです。それは、篤い信仰心でなくとも、地蔵院の雰囲気が好きとか、竹が好き・紅葉や苔が好き、とりあえず入ってみよう、でもかまいません。

☆以下の①②に御同意される方ならどなたでも入会できます。入会無料。ただし、Ⅱをよくお読みください。

Ⅰ. 地蔵院の住職およびスタッフと仲良くしてくださること。

Ⅱ. 年に4回、写経・写仏・仏様ぬりえ等に取り組んでくださること。送る際に、現金書留を利用して、納経・ご朱印授与冥加料として、千円を同封してご志納下さい。年間の納経期限は、8月1日、11月1日、2月1日、5月1日です納経されましたら、こちらから、「竹の寺倶楽部」オンライン会員限定「禅語御朱印」と寺報「竹林精舎」を送ります。

Ⅲ. Ⅰ.Ⅱ.が守られなかったときは、退会して頂きます。

☆会員特典☆

(1)送られたお写経を本堂に納め、オンライン会員限定「禅語ご朱印」(毎回違う禅語が書かれています)と、寺報「竹林精舎」を送ります。写経が送られない場合には此方からの発送はありません。連続4回納経の無き場合は、退会とみなします。

(2)お守りやご朱印の郵送授与対応。原則として自分の分のみです。その他は、ご相談ください。授与冥加料・代理参拝料が必要です。

(3)メールで、写経・その他質問や相談の対応。無料です。ただし、複雑な相談事は(4)をご参照ください。

(4)テレビ電話でのお悩み相談対応。メールで日時の予約をしてください。対応いたしますのは住職の妻(産業カウンセラー有資格者)ですが、いわゆるカウンセリングではなく、少しでもお心が晴れるように、また、話すことでお心が軽くなるように、悩み事をお聴きします。1回の対応時間は60分です。時間を割いて、真剣にお聴きしますので、三千円以上の志納金お振込をお願いします。内容によっては、カウンセリングを受られることや、病院受診をお勧めすることがございます。対応日時は、金・土曜日20時~24時ですので、参拝の多い時期、寺行事と重なった時、お申込み多数の場合は、長くお待たせする事となります。

(5)当院から会員皆様への連絡は、ホームページ、フェイスブック、ツイッターで発信します。個別に連絡ある場合は、もちろん個別に連絡いたします。

(6)いずれの対応も日々の寺務が優先ですので、のんびりとお待ちくださいますようお願い致します。

☆お申し込み方法☆

メール  jizoin_fujita@yahoo.co.jp  のみで受付。お問い合わせもこちらでお願いします。

①~⑦を明記の上、お申し込みください。

  1. お名前・ふりがな
  2. 生年月日・男女
  3. 郵便番号・ご住所
  4. スマホ・アイフォン等のお電話番号
  5. メールアドレス
  6. 次の中からご希望の連絡ツールを選んでください。Eメール ・ LINE ・ Messenger ・ +メッセージ
  7. 「私は、入会条件Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ.を承諾して、地蔵院信徒会「竹の寺倶楽部」オンライン会員に申し込みます」とお書きください。

☆お申し込み後、地蔵院から、受付完了の返信をいたします。3日経ってもこちらから返信ない場合は、メール不着の可能性ありますので、連絡してください。

☆会員となられましたら、3ヶ月に1回、お写経をして地蔵院に送る事を目標にしましょう。お写経初心者の方は、ご相談ください。おひとりおひとりに合う方法をご提案させて頂きます。お送りいただいたお写経を受け取りましたら、大切に本堂に納め、オンライン会員限定「禅語ご朱印」と寺報「竹林精舎」を送ります。オンライン会員とはいえ、紙媒体の温かみを大切にしたいと考えます。

☆お写経については、取り組む姿勢が大切ですので、初めから完璧にできなくてもかまいませんので、御一緒に目標を定めてがんばりましょう。

☆すでに「竹の寺倶楽部」の会員のなられているかたには、この特典が自動的に含まれますので、どうぞふるって納経ください。

FAX番号について

2021-07-13

地蔵院では、FAX番号を新たに開設する事になりましたが、事情により数日遅れる事になりますので、現在はまだ、075-381-3417で電話FAX兼用です。

地蔵院方丈で、Juvichannel(YouTube)の対談の収録がおこなわれました。

2021-07-04

京都市交響楽団コントラバス奏者であるJuvichan(ご本人がこう呼んでくださいとおっしゃいましたので、じゅびちゃんとお呼びしています)のYouTubeチャンネルに、京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 准教授 宮沢孝幸先生がゲスト出演され、その収録が、ある日地蔵院方丈で行われ、本日アップされました。とても素晴らしい内容ですので、ぜひご覧いただきたく、ご紹介させて頂きます。

前編 https://t.co/RNCKVgIidb?amp=1

後編 https://t.co/sDK2nZKZYm?amp=1

MKタクシーさま主催のインスタライブのアーカイブ配信です

2021-07-04

地蔵院のご紹介と、特別ゲストの烏賀陽百合先生、宮沢孝幸先生のお話が心に染みました。是非ご覧くださいませ。

このような機会をくださいましたMKタクシーさまに感謝申し上げます。リンク先を貼りました。

https://www.instagram.com/tv/CQfw5jlApvM/?utm_source=ig_web_copy_link

 

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.