猪目窓を通年公開といたします。

2020-03-28

新型コロナウィルスの感染がどこまで拡大するのか、不安な毎日です。地蔵院にお参りのみなさまがそれぞれの御心にある「癒されたい気持ち」「明るくなりたい気持ち」「祈りを込める思い」など吐露していただけるように、このたび、猪目窓を常時公開し、御札奉納所を開設して、祈りを字に表していただけるようにいたしました。

猪目とは、ハートのような形ですが、日本に古来からある文様のひとつです。禅寺の屋根や神社の鈴、箪笥の飾り金具などに使われており、魔除けや火伏せの意味が込められています(当院にも、茶室の窓の他に、猪目文様の使われているところがあります)。一方、ハートの起源を辿ると古代エジプトまで遡ります。その形の美しさから世界中に広まったと思われますので、猪目も元はハートなのかもしれません。この猪目文様の魔除け厄除けの力にお願いする「招福猪目御札」を、お願い事や、感謝のご奉納にご利用ください。

なお、方丈庭園の撮影時間制限を解除し、常時撮影可といたします。猪目窓の撮影もかまいません。本堂と、方丈仏間、細川護煕元首相ご奉納の襖絵の撮影は禁止です。

願いが叶う 竹の寺地蔵院の猪目窓

魔除け・厄除け・開運・招福・良縁・安産 祈願の御札

コメントを書く





コメント内容


post date*

日本語が含まれない投稿はスパム対策のため、投稿はできません。ご注意ください。

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.