竹の寺地蔵院年末年始の拝観についてと、厄除け招福猪目御札(いのめおふだ)の郵送受け付けについて

2020-12-31

令和2年もいよいよ押し詰まってまいりました。寒波到来で、雪の大晦日となりました。

地蔵院では、通常通りに開門いたします。どなたさまも、拝観して頂けますが、御足許がわるく、ウィルスの流行もあり、ご無理のない範囲でおでかけください。

お参りしたいけれど、外出を控えられますかたのことをおもって、住職・寺族一同でお参りいたしておりますが、新年ということで、厄除け招福猪目御札(いのめおふだ)の郵送対応を致します。

魔除け・厄除け・招福・開運・良縁・安産 祈願
招福(しょうふく)猪目御札(いのめおふだ)【絵馬と同じ意味のものです】 700円
猪目は、ハートのような形ですが、日本に古来からある文様のひとつで、禅寺の屋根や神社の鈴、箪笥の飾り金具などに使われてきました。魔除けや火伏せの意味が込められています。ハートの起源を辿ると古代エジプトまで遡り、その形の美しさから世界中に広まったと思われますので、猪目も元はハートなのかもしれません。
① 裏面にお願い事や感謝をお書きください。
② 呪いや悪口は禁止です。
③ 姓名を書く方が良いのですが、苗字・名前・イニシャルでも構いません。
④ お地蔵様のご真言「オンカカカビサンマエイソワカ」を唱えましょう。
地蔵院に送って下さい。貴方の代わりに奉納所にかけます。

申し込み方法①お名前②郵便番号③ご住所④携帯番号⑤メールアドレス を明記のうえ、おふだ授与冥加料500円+代理参拝料500円=1000円を同封の上、必ず現金書留にて、お申し込みください。現金書留でのお申し込みに限ります。こちらからの送料は地蔵院が負担します。

おふだを受け取られました後は、裏にお願い事を書いて地蔵院に返送くださいましたら、御札所に奉納いたします。お守りとしてご自身で保管されていてもかまいません。お申し込み受け付けは、令和3年1月1日~令和3年1月31日(必着)、おふだの発送は、1月12日より順次おこないます。受け付けますのは、猪目御札(いのめおふだ)のみです。その他のお守りやご朱印を郵送御希望の場合は、「竹の寺倶楽部」オンライン会員に登録(登録は無料です)のうえ、お写経をして頂く必要がございます。

「竹の寺倶楽部」特別編 地蔵院おくりさんプレゼンツ オンライン会員は、入会随時です。 – 京都-竹の寺 地蔵院 (takenotera-jizoin.jp)

本年も、お世話になりありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

コメントを書く





コメント内容


post date*

日本語が含まれない投稿はスパム対策のため、投稿はできません。ご注意ください。

Copyright© 2017 takenotera All Rights Reserved.